【 長期投資 】初心者から始めるための投資ブログ

こんにちはー。ユウキです。

 

今回は【 長期投資 】初心者から始めるための投資ブログ

というテーマで記事を書いていきます。

 

主に、20代になって証券会社の口座を持てるようになった人向けに書いていますので予めご了承下さい。

 

スポンサードサーチ

【 長期投資 】初心者から始めるための投資ブログ

Person Holding Coin

そもそも 長期投資 がなぜ重要なのか

そもそもなぜ長期投資が重要なのかというと、一つは

 

無駄遣いが減るからです。

 

もう一つが、

 

資産運用で長期の見通しを立てる力が身につくから。

順を追って説明すると、資産運用とは老後の時に必要なお金を今のうちに増やしておこうというものです。

 

だからその運用したお金をいつ引き出すのかというと10年後とかをれ位になるでしょうし、人によっては60歳以降まで寝かせておく人もいると思います。

 

運用するときには多少なりともリスクがあり資産の増減はあるでしょうが、長期で見通しを立てておくとそんなものには一喜一憂しなくなります。

 

あとずっと銀行(積み立て投資などの)にお金を入れておくとつかう回数も必然的に減ると思います。

 

具体的な投資先・投資方法

1.準備

まず今手元にあるお金を3つに分けます。

 

「当分の生活費」「リスクをとっても運用できるお金」「安全の投資するためのお金」

この3つです。

 

例えば今の資産が100万円だったとして、20万円は生活費としてとっておこう。

残りの80万円の半分の40万円で「リスクをとっても運用できるお金」「安全の投資するためのお金」この2つに。

 

「リスクをとっても運用できるお金」

これらは国内外のインデックス投資に投資します。

 

オススメするのは国内と国外でそれぞれ1個です。

 

まず国内のインデックス投資先がTOPIXです。

 

そして次に国外が、

 

ニッセイ外国株式インデックスファンドです。

 

この2つはどちらも投資信託で、TOPIXであれば国内の上場企業の株を買うことができるし

ニッセイであれば、国外(世界の有名企業)の株を買うことができる。

 

さっきの例で、インデックスファンドに投資するのは40万円に決めているので、

国内と国外にそれぞれ20万円ずつ投資するといい。

「安全の投資するためのお金」

これは全て国債で運用することにする。

 

なぜ国債なのかその理由を書いた記事があるので気になったら見てほしい。

 

だからとにかく国債に回してほしい。

 

具体的な商品は財務省が出している「変動10年」がおすすめ。

ほかに2種類あるけど、一番運用できる期間が長いのがこれだから 長期運用  にはもってこい。

 

まとめ

これまでが長期運用のための具体的な方法である。

 

早く始めれば早く始めるほど受け取れる(得する)金額も多くなっていくのが長期運用の特徴なので気になった方は是非今すぐ行動に移してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です