失敗しない!本格的!クロワッサンの作り方

こんにちは。ユウキです。


 

今回は、

失敗しない!本格的!クロワッサンの作り方

というテーマで記事を書いていこうかと思います。

生地を仕込んだ後、一晩寝かせるので手間はかかりますが、とてもおいしいクロワッサンができると思います。

 

ホテルの朝食などで食べるクロワッサン、とてもおいしいですよね。

今回はそんな本格的なクロワッサンの作り方をご紹介したいと思います。

この記事を読んでいただければ

  • 失敗しないクロワッサンの作り方
  • クロワッサンを作るために必要な道具
  • 材料
  • 各工程でのポイント
      が、わかります。

 

クロワッサンを作るうえで必要な道具

これは、

  • ジップロックまたはクッキングシート
  • めん棒
  • 打ち粉(生地が台に引っ付かないためのもの)
  • 鉄板にひく油(マーガリンでもOK)

必要になりますので用意をお願いします。

材料(二人分)

  • 中力粉・・・250g
  • インスタントドライイースト・・・10g
  • 上白糖・・・50g
  • 塩・・・12g
  • 全卵(常温)・・・30g
  • スキムミルク・・・20g
  • 水(常温)・・・250g
  • バター(折込用)・・・220g

ここでのポイントは、(常温)というところです。

なぜなら、材料の中にインスタントドライイーストが入っていますね。イーストは使用温度によって状態が変わりやすいので基本は常温で使用がベターです。

作り方

まずは準備です。オーブンの温度は200℃に設定しておきましょう。

次に、折込み用のバターを成型しましょう。

こんな感じで、

写真では3枚用意していますが、一枚110gなのでこの生地の分量だと2枚になります。

これは冷蔵庫でよく冷やしておきます。

そしてそのほかの材料を量っていきましょう。


量れたら粉類を混ぜていきます。混ざってから水分を混ぜていく感じです。

水分を入れて、手でこねていきます。

こねこね・・・・

こねこね・・・

こねこね・・

こね続けて、生地を伸ばすと膜が出来るくらいまでこね続けますよ。(耐久力だいじ

(これくらいですん)

このくらいになったら、一度生地をまとめて冷蔵庫で一晩寝かせます。


 

一晩冷やしたら、丸めた生地の上に十字の切り込みを入れます。

  1. そして、切込みから四隅に開き、正方形にします。
  2. シート状のバターと同じくらいか、ちょっと大きめくらいまでめん棒で伸ばしていきます。
  3. パン生地とバターを交差させます。
  4. パン生地の四隅をバターの中心へもっていきつまんで閉じます。
  5. そして正方形から、今度は長方形にするためめん棒を使って伸ばしていきます。
  6. 長方形になったら、3つ折りします。

三つ折りした状態から、90度回転させてまた長方形にします。これを3回繰り返します。

※途中、バターが解けて柔らかくなってきたら冷蔵庫で寝かせても構いません。僕も途中で入れました。

3つ折りを3回出来たら一旦生地を冷蔵庫で寝かせます。

30分ほど寝かせたら、この大きさまで伸ばしていきます。

 

そしてここからカットしていきます。

この大きさにカット!!

そしてくるくる巻いていきます。

 

巻けたら鉄板に乗せて表面に卵を塗ります。

そして200度に予熱しておいたオーブンにぶち込んで12分焼いていきます。

焼き色がつくまで時間調整。そして完成!

 

クロワッサンのイラスト

 

完成品の写真ないですすみません。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

これからも高い頻度でお菓子の作り方、その他役立つ情報などアップしていきますので応援よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です