【 運転がうまくなる 】運転がうまくなるための練習方法

危険運転

こんにちはー。ユウキです。

今回は 運転がうまくなる 方法について書いていきます。

ここでいう運転がうまいとは、周囲の車に迷惑をかけないのはもちろん同乗者を酔わせないような運転のことです。

彼女を横に乗せるときのために今から練習しておきましょう。

 

スポンサードサーチ

そもそも同乗者が酔う運転とは?

急ブレーキ・急アクセル・急ハンドルなどの「急」がつく動作が伴う運転です。

なので、同乗者に嫌な顔をされないためにまずすることは「急」がつく操作をしなければいいのです。

簡単でしょ?

しかし頭の中では簡単にできてしまっても、いざ公道に出ると難しいものです。

なぜなら、自分の車だけが走っているわけではないから。

周りの車に合わせながらスムーズな操作をしなければならないのです。

普段から意識していないと最初はなかなか難しいと思います。

でも、逆に言えば練習して無意識のうちにできるようになれば何ら難しくないというわけです。

だから普段から練習するための方法をお伝えしましょう。

 

man driving a car on a road

 

練習方法

その① ブレーキタッチの感覚を鍛える

ブレーキの踏み方で結構乗り味って変わるんです。

減速するときには縦方向Gがかかるので、乗り心地をよくするにはブレーキをソフトに踏みなるべくGを少なくするようにしましょう。

具体的には、ブレーキを踏み続け、最後の止まる一瞬だけ力を抜きます。

この時抜きが足りなかったり抜きすぎたりすると車が揺れてしまうのでダメです。隣の人が吐いてしまいます。

その② ハンドルの切れ角に注意

ハンドルを回して左右に曲がるときに発生するのが横方向のGです。

カーブを曲がるときに意識するのが、いかに急なカーブを緩やかに感じさせるかが重要なんです。

そのためにまず、減速。

それから曲がる準備としてアウトから入るようにします。いわゆるアウトインアウトです

また曲がっている途中にハンドルを切り増すことはあっても、戻すことはないようにするとゆれは少なくなります。

こうして安心して隣の人が寝られるでしょう。

 

その③ アクセルワークに注意

これはブレーキとおんなじで縦Gの大きさに直結するので、基本的には緩やかなアクセルワークを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「彼女を隣に乗せるための運転術」 ということで書きました。

以上のことを普段から練習する癖をつけることで「運転うまいね」って言われるようになるでしょう。

また自分の運転を見返す目的で、「悪い運転例」というブログを書いていますので合わせて読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です