【裏技】「 頑張らない 」継続方法とは

こんにちはー。ユウキです。

 

今回は自分で決めたことを最後までやり抜くための裏技を紹介したいと思います。

 

 

 

題して、

スポンサードサーチ

「万年3日坊主」はもう卒業!やり抜くために意識することとは

可能, 不可能, 機会, オプション, 人, ジャンプ, 変更, スイッチ, 再考します, 作る

 頑張らないこと !!

物事を継続させる秘訣はズバリ「 頑張らないこと 」

 

これだけははっきり言えます。

 

その理由を次に紹介します。

理由・根拠

ごろごろしているニートのイラスト

物事は継続がすべてであるため

例えば何かの資格を取るために勉強していたとしましょう。

 

資格を取るためには平均して100時間の勉強時間が必要だといわれています。

 

では今までのあなたならどう勉強してきたでしょうか。

 

きっと最初の1日は張り切ってやっていたことでしょう。

 

でも次の日から、またその次の日からあなたのやる気はどんどんどんどん右肩下がりです。

 

なぜか。。。

 

それは前日のあなたが「頑張って勉強してしまった」からです。

 

前の日あんなにやったんだからそれを超えないと、、と思い始めるのです。

 

そしてあんなにやる気のあった人物とはまるで別人のようになり、また普段の生活に戻ってしまうのです。

 

言いたいことわかりましたか?

 

要するに、その日その日で頑張ろうとするよりも、1日当たりの勉強時間は少なくともまずは1年間続けるぞ

 

という意気込みで始めるほうが結果的に勉強時間は長くなっているのです。

 

継続するためには「 頑張らないこと 」これ、常識です。

 

小さな成功体験を積み上げやすい環境を作るため

どういう意味か。

 

人は自分の意志で決めたハードル(夢)を越えることができると脳に快感物質であるドーパミンが分泌されるのです。

 

このドーパミンというのが重要で、これがいわゆる過去の成功体験につながるといわれています。

 

自分で決めた目標を達成することでドーパミンが出るのならば、

目標値を低く低く設定してあげることでドーパミンが分泌される頻度が上がりますよね

 

これが頑張らない効果その②です。

 

自分に対するハードルを下げに下げ(いわゆる頑張らない)ことでなんとなくでも継続することが可能になるんです。

 

「やる気」なんて言葉は頭から消せ!!!

最後に。

 

何かを始めるのにやる気なんか甘ったるいものに甘えてたらだめです。

 

それをやる理由はやる気のあるなしに左右されてはいけません。

 

あなたが決めたからやるんです。

 

(いまこれ書いてる僕もそうです。7時に起きようとしたけど二度寝して9時に起きたショックのさなか書いています。眠いです。)

 

他人に決められたことはやるくせに自分で決めたことができないなんて、自分がかわいそうじゃないですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です