【 飲食業界 】飲食業界はブラックなのか。おすすめしない3つの理由

こんにちはー。ユウキです。

 

今回は、 飲食業界 へ就職しようとしている僕が「 飲食業界 への就職はおすすめしないよ」という理由を3つ挙げてそれぞれ解説したいと思います。

 

飲食業界 へあこがれる人って結構多いと思います。

どんな職業に就きたいかと考えたときに「私は食べるのが好きだからそれに携わる仕事がしたい!」というふうに。

 

しかし決しておすすめはできません。

 

その理由を次に解説していきます。

person walking holding brown leather bag

スポンサードサーチ

飲食業界 は時給が低い

たいていの 飲食業界 では時給換算した時にほかの業界の給与水準より劣っていることがほとんどです。

 

やはり営業している側もどうやって利益を出すのか日々悩んでいるんだと思います。

そのためには社員の給与を下げたほうが少ない賃金で労働力が確保できるので結果的に生産性が上がるんだと思います。

大企業の場合

大企業(〇シローや〇クドナルド)などの社員は福利厚生などのサービスは充実していますし給与も比較的高いと思います。

 

しかし時間がないんです。

 

店舗として利益を出すには社員が長い時間働いて回さなくてはならないので労働時間がどうしても長くなります。

 

ただ多少労働時間が長くてもいいという方は大手飲食なら良い待遇を受けられることでしょう。

 

なにより安定しているのでそうそうくいっぱぐれる心配がないのがメリットです。

個人経営の場合

この場合はピンからキリまであって、給与が低く残業月100時間職場環境も最悪みたいなところ(すぐつぶれそうですが)があったり

店長の人当たりがよくこの人にならついていきたい!って思うような職場もあったり。

 

職場環境の良しあしは上司によって決まると思っているので店長がいい人であることを願うしかないでしょう。

 

いい店長だと忙しい中でも、社員全員と目標設定をしてチームで営業するのがうまい人だと言えます。

people sitting down near table with assorted laptop computers

職場環境があまりよくない

これは時給の話ともつながってくるのですが、やはり時間に余裕がないところが多いので心に余裕がある人も少ないです。(個人的な印象)

 

一週間インターンシップでお邪魔した有名なリゾートホテルでは、

ある新人さんの上司が新人に向かって毎日のように罵詈雑言を浴びせていました。

 

その上司自体は頭の切れる人でいかにも仕事がデキる感じなんですが、そんな風に見えても後輩に対して怒鳴ることが当たり前のようになっていたのです。

 

時間・お金の余裕は心にも影響するのかもと思っておくといいでしょう。

大学へ行ったほうがいい

これはそのままの意味です。(笑)

 

大学へ入学してきちんと卒業資格を取れば専門学校卒業した人よりも生涯賃金は5000万円ほど違うといわれています。

 

そこで考えてほしいのです。

果たしてあなたが夢見た調理師であったりパティシエのような夢って仕事にしないといけないものなんですか?

 

休日の日でも趣味として楽しめたりできませんか?

 

僕はここで気づきました。

あれ?お菓子作りって家でもできんじゃんって(笑)

 

あの有名なイチローさんも言っていました

「好きなことは仕事になった瞬間好きじゃなくなる」

 

だから皆さんにも考えてみてほしいのです。別にあなたの人生を否定するわけではないです。

がしかし、時々人生を振り返ってその後の人生設計を見直すこともたまには必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です