パン作りに必要な道具 〈厳選5選〉 | yukiBLOG

パン作りに必要な道具 〈厳選5選〉

パン作りに必要な道具

 

こんにちは!ユウキです。

 

今回は、

『 パン作りに必要な道具 』

 

というテーマで記事を書いていきます。

とりあえず、「趣味で何かを始めたい方」にはパン作りはとてもおすすめです。

 

なぜなら、あまりお金がかからないこと、実用的なスキルが身につくこと。

 

この2つの理由があります。

やはり食べ物を作るという分野において、パンを作れるのは有益なスキル以外の何物でもないと思うんです。(いいすぎか?)

料理できる人は男女にかかわらずモテますしね。〈ここ大事〉

 

まあそんなことは置いておいて、この記事の内容はざっとこんな感じです。

 

目次;パン作りに必要な道具

 

  •  生地の計量に必要なスケール・はかり
  •  パンごねに必要な カード 

 

前回の記事の続きですので、合わせてお読みください。


 生地の計量に必要なスケール・はかり

パン作りに必要な道具

パン作りに必要な道具

キチンスケールを選ぶ基準は、「デザイン」「手入れのしやすさ」「機能」「値段」

 

このあたりが重要になってくると思います。

特に機能面は、いろんな用途に合わせたキッチンスケールがでてきてるので選択肢もたくさんあります。

 

なので慎重に選ぶようにしましょう。

 

おすすめのメーカーは、ぶっちゃけタニタ一択です(笑)

 

保証もしっかりあり、種類もたくさんあって、何よりコスパがいい。

タニタのキチンスケールの中にもいくつかオススメがありますので紹介します。

 

デジタルクッキングスケール KJ-212デジタルクッキングスケール KJ-212デジタルクッキングスケール KJ-212(タニタオンラインショップより)

 

このはかりのいいところは、4つあります。

  1. 大きなデジタル表示で見やすいところ。
  2. 使用した後、取って洗えるシリコンカバー。
  3. 裏面はラバー仕様で滑らない。
  4. 最小表示が0.1gから。

 

実際に僕も使っているので、迷ったらこれです😊

 

裏にフックにかけれる穴がついているので、吊るしておくこともできます。

また使ったことはないですが、水と牛乳の容量を表示させることもできますよ。

 

値段は、3千円ちょっとです。

 

 

デジタルクッキングスケール KJ-213デジタルクッキングスケール KJ-213デジタルクッキングスケール KJ-213(タニタオンラインショップより)

この商品のいいところは、電源を入れてから表示までの時間の速さです。

また厚みは2.7ミリでしまいやすいのもポイントです。

 

値段は1,500円ほどでコスパがいいのも特徴です。

 

パンごねに必要な カード

パンごねに必要な カード

パンごねに必要な カード

カードとは、パン生地を分割したり一つにまとめたりするためのものです。

主にプラスチックやシリコンでできているものが主流で、安価で手に入るのでパンを作るなら持っておいたほうがいいです。

 

選ぶポイントは、硬さ、厚み、材質、形などですかね。

なるべく、

使うときにしなりすぎないもの(分割しにくいので)

 

適度な厚み(手にフィットするもの)

 

ボウルの底のカーブに沿わすことができるもの

 

これらの条件に合ったものを探すといいです。

 

おすすめ ↓

 

 

ってな感じでいかがでしたでしょうか。

道具選びもパン作りの一部です。自分に合った道具を選ぶことでいいパンが作れます。

 

ぜひ紹介した商品を参考にして選んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です